古語:

観ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くゎん-・ず 【観ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


(心静かに)深く観察して真理を悟る。


出典平家物語 一一・大臣殿被斬


「善も悪も空(くう)なりとくゎんずるが」


[訳] 善も悪も、それ自体には絶対的な実体がないと真理を悟るのが。◇仏教語。


深く考える。静かに思い巡らす。


出典徒然草 一〇八


「心、常に風雲の思ひをくゎんぜしかば」


[訳] 心のうちに、常に、機会を得て功名を立てようとする望みを静かに思い巡らせていたので。








観ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

観ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




観ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS