古語:

観阿弥の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

観阿弥

⇒観阿弥(くわんあみ)



観阿弥

分類人名


(一三三三~一三八四)南北朝時代の能役者・謡曲作者。観世(かんぜ)流の創始者。本名、結崎(ゆうざき)清次。将軍足利義満(よしみつ)の特別の保護を受け、能の大成に努め、これを子の世阿弥(ぜあみ)に伝えた。作品に「卒都婆(そとば)小町」「松風」などがある。









観阿弥のページへのリンク
「観阿弥」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

観阿弥のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




観阿弥のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS