古語:

親鸞の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

親鸞

分類人名


(一一七三~一二六二)鎌倉時代の僧。浄土真宗の開祖。諡(おくりな)は見真大師。日野有範(ありのり)の子。比叡(ひえい)山の僧から法然(ほうねん)の門に入る。旧仏教勢力の弾圧を受けて越後に流され、そこで恵信尼と結婚。のち、関東各地で教化につとめ、念仏による救済を説いた。『教行信証(きようぎようしんしよう)』などの著書がある。









親鸞のページへのリンク
「親鸞」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

親鸞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




親鸞のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS