古語:

語らひ付くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 語らひ付くの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かたらひ-つ・く 【語らひ付く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


話しかけて親しくなる。


出典源氏物語 若菜上


「その折より、かたらひつきにける女房のたよりに」


[訳] そのときから、話しかけて親しくなった女房のつてで。


親しくなって(男が女の所へ)通っていく。夫婦になる。


出典源氏物語 蓬生


「かの大弐(だいに)の甥(をひ)だつ人かたらひつきて」


[訳] あの大弐の甥らしい人が親しくなって通っていって。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


話しかけて(自分に)親しませる。手なずける。


出典枕草子 職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「かかる者をなむかたらひつけておきためる」


[訳] こういう者を手なずけておいているようだ。


親しく話して、事を依頼する。


出典源氏物語 夕霧


「かたらひつけ給(たま)へる心たがへじと」


[訳] 親しく依頼しなさった心に背くまいと。








語らひ付くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

語らひ付くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




語らひ付くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS