古語:

語らひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かたらひ 【語らひ】

名詞

親しく語り合うこと。また、話し合うこと。


出典古事記伝 


「初めの意は…夫婦の間のかたらひを言ひて」


[訳] 初めのほうの解釈では…夫婦間の(愛の)語らいを言うのであって。


夫婦の契りを結ぶこと。男女の仲。


出典源氏物語 松風


「ただ、あだに打ち見る人の、浅はかなるかたらひにだに」


[訳] 単に浮気心で会う男女の、浅薄な男女の仲でさえ。


勧誘。説得して仲間に引き入れること。









語らひのページへのリンク
「語らひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

語らひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




語らひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS