古語:

開かるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はだか・る 【開かる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


広がる。目や口などが大きく開く。


出典落窪物語 三


「むげに落窪(おちくぼ)の君の手なれば、目も口もはだかりぬ」


[訳] まぎれもなく落窪の君の筆跡なので、目も口も大きく開いてしまった。


手や足を大きく広げて立つ。立ちはだかる。


出典今昔物語集 四・二七


「清弁(しやうべん)、その戸にはだかりて」


[訳] 清弁は、その出入り口に立ちはだかって。








開かるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

開かるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




開かるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS