古語:

頃ほひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ころ-ほひ 【頃ほひ・比ほひ】

名詞

(ちょうどその)時分。ころ。時節。


出典伊勢物語 四五


「いと暑きころほひに、宵は遊びをりて」


[訳] ひどく暑いころに、宵のうちは音楽を演奏していて。


今の時節。当節。現代。


出典源氏物語 花宴


「道々の物の上手ども多かるころほひ、詳しう、しろしめし」


[訳] 諸道それぞれに専門の名人たちが多い時代で、(あなた様がそれらに)詳しく通じておいでになって。








頃ほひのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

頃ほひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




頃ほひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS