古語:

類すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

るい-・す 【類す】

自動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


連れ立つ。伴う。


出典大和物語 一〇三


「おほかた皆違(たが)ふ方(かた)へ、院の人々るいして往(い)にけり」


[訳] だいたいみな(方塞(かたふた)がりで)違う方角に、院の人々は連れ立っていってしまった。


同類になる。似る。


出典笈の小文 俳文・芭蕉


「心花にあらざる時は、鳥獣にるいす」


[訳] 心に思うことが風流でないときは、(人間は)鳥や獣と同類になる。









類すのページへのリンク
「類す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

類すのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




類すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS