古語:

類ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たぐ・ふ 【類ふ・比ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


一緒になる。寄り添う。連れ添う。


出典枕草子 内裏の局


「冬は雪・霰(あられ)などの、風にたぐひて降り入りたるも、いとをかし」


[訳] 冬は雪や霰などが、吹く風と一緒になって降り込んでくるのもとても面白い。


似合う。釣り合う。


出典源氏物語 行幸


「はかばかしう選ばせ給(たま)はむたづねに、たぐふべき人なむなき」


[訳] りっぱな人物をお選びなさろうという求めに、似合うはずの人が見つからない。


[二]他動詞ハ行下二段活用

{語幹〈たぐ〉}


寄り添わせる。連れ添わせる。


出典古今集 離別


「思へども身をし分けねば目に見えぬ心を君にたぐへてぞやる」


[訳] (あなたのことを)深く思っても、身を二つに分けることはできないので、目に見えない私の心をあなたに寄り添わせて行かせるのである。


まねる。なぞらえる。


出典白楽天 謡曲


「鳥類・畜類の、人にたぐへて歌を詠む」


[訳] 鳥類・獣類が、人にまねて歌を詠む。









類ふのページへのリンク
「類ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

類ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




類ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS