古語:

顧みるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かへり-・みる 【顧みる】

他動詞マ行上一段活用

{語幹〈かへり〉}


ふりかえって見る。


出典平家物語 七・俱梨迦羅落


「平家、後ろをかへりみければ、白旗(しらはた)雲のごとく差し上げたり」


[訳] 平家の者どもが後ろをふりかえって見たところ、源氏は白旗を雲のように差し上げている。


心にかける。気にかける。懸念する。反省する。


出典徒然草 七三


「かつあらはるるをもかへりみず」


[訳] (話しているはしからうそが)すぐにばれるのも気にかけないで。


目をかける。世話をする。


出典枕草子 関白殿、二月二十一日に


「これみな家々の娘どもぞかし。あはれなり、ようかへりみてこそさぶらはせ給(たま)はめ」


[訳] これはみな立派な家々の令嬢たちですよ。たいしたものだ、よく目をかけて、仕えなさるのがよい。



かえりみる 【帰り見る・還り見る・顧みる】

⇒かへりみる









顧みるのページへのリンク
「顧みる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

顧みるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




顧みるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS