古語:

身を捨つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-を-す・つ 【身を捨つ】

分類連語


世間並みの暮らしを捨てる。出家することや、不遇な境遇に身を置くことにいう。


出典蜻蛉日記 中


「みをすてて憂きをも知らぬ旅だにも」


[訳] 出家して浮き世の関心を持たない旅人でさえも。


体を投げ出す。ひれ伏す。


出典更級日記 かどで


「みをすてて額(ぬか)をつき」


[訳] ひれ伏してぬかづき。


わが身を顧みない。


出典源氏物語 須磨


「みをすててとぶらひ参らむにも」


[訳] わが身を顧みないで、(源氏を)お見舞いにうかがったとしても。








身を捨つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

身を捨つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




身を捨つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS