古語:

身代の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しん-だい 【身代】

名詞

財産。身上(しんしよう)。


出典好色五人女 浮世・西鶴


「いらぬ所に油火をともすも構はず、しんだい薄くなりて」


[訳] 不必要なところに火をともすのも構わず、財産が少なくなって。


暮らし向き。生計。


出典元のもくあ 仮名


「しんだい思はしからぬと聞きつるに」


[訳] 暮らし向きが思わしくないと聞いていたので。


身分。地位。また、特に、俸禄(ほうろく)・財産などを持つ身分。


出典腹立てず 狂言


「愚僧もそのやうなしんだいの者ぢゃ」


[訳] 私もそんな身分の者じゃ。









身代のページへのリンク
「身代」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

身代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




身代のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS