古語:

しるしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「しるし」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/47件中)

名詞①「天(あま)つ神」の子としてのしるし。②天上にある境目のしるし。天の川をさす。
名詞①「天(あま)つ神」の子としてのしるし。②天上にある境目のしるし。天の川をさす。
名詞神前に供える水。互いに飲み交わして誓いのしるしともした。「じんすい」とも。
名詞神前に供える水。互いに飲み交わして誓いのしるしともした。「じんすい」とも。
名詞文書の署名の下に添えて書く、印判代わりのしるし。「書き判(はん)」とも。
名詞文書の署名の下に添えて書く、印判代わりのしるし。「書き判(はん)」とも。
形容詞ク活用活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}①はっきりわかる。明白である。出典源氏物語 若紫「いといたうやつれ給(たま)へれど、しるき御さまなれば」[訳] たいそう...
形容詞ク活用活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}①はっきりわかる。明白である。出典源氏物語 若紫「いといたうやつれ給(たま)へれど、しるき御さまなれば」[訳] たいそう...
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS