古語:

著しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いち-しる・し 【著し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


明白だ。はっきりしている。


出典枕草子 胸つぶるるもの


「いちしるからぬ人の声」


[訳] (だれとは)はっきりしない人の声。


参考

古くは「いちしろし」。中世以降、シク活用となり、「いちじるし」と濁って用いられる。「いち」は接頭語。



いち-しろ・し 【著し】

形容詞ク活用

「いちしるし」に同じ。◆上代語。



しる・し 【著し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


はっきりわかる。明白である。


出典源氏物語 若紫


「いといたうやつれ給(たま)へれど、しるき御さまなれば」


[訳] たいそうひどく目立たなくなっていらっしゃるが、(普通の人ではないことは)はっきりわかるごようすなので。


〔「…もしるし」の形で〕まさにそのとおりだ。予想どおりだ。


出典方丈記 


「世の乱るる瑞相(ずいさう)とか聞けるもしるく」


[訳] 世の中が乱れる前兆だとか聞いたのも、まさにそのとおりで。



しろ・し 【著し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


はっきりしている。明白だ。


出典保元物語 上


「しろく院方(ゐんがた)へ参る由を言ひて」


[訳] はっきりと院の方へ参上する理由を言って。









著しのページへのリンク
「著し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

著しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




著しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS