古語:

よをこめての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「よをこめて」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~2/2件中)

分類連語まだ夜が明けないうちに。まだ暗いうちに。出典後拾遺集 雑二「よをこめて鳥の空音(そらね)ははかるともよに逢坂(あふさか)の関はゆるさじ」[訳] ⇒よをこめて…。なりたち名詞「よ」+格助詞「を」...
分類連語まだ夜が明けないうちに。まだ暗いうちに。出典後拾遺集 雑二「よをこめて鳥の空音(そらね)ははかるともよに逢坂(あふさか)の関はゆるさじ」[訳] ⇒よをこめて…。なりたち名詞「よ」+格助詞「を」...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS