古語:

全しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「全し」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/44件中)

名詞①全宇宙。全世界。この世。また、仏法の世界。「ほっかい」とも。◇仏教語。②「法界悋気(りんき)」の略。自分と無関係なことに嫉妬(しつと)すること。③自分と何の縁...
名詞①全宇宙。全世界。この世。また、仏法の世界。「ほっかい」とも。◇仏教語。②「法界悋気(りんき)」の略。自分と無関係なことに嫉妬(しつと)すること。③自分と何の縁...
分類連語無一文になる。全財産を失う。すっからかんになる。出典日本永代蔵 浮世・西鶴「てとみになりての思案」[訳] 無一文になっての考え。
分類連語無一文になる。全財産を失う。すっからかんになる。出典日本永代蔵 浮世・西鶴「てとみになりての思案」[訳] 無一文になっての考え。
名詞日本・震旦(しんたん)(=中国)・天竺(てんじく)(=インド)の三か国。参考昔の人は、この三国をもって「全世界」と考えた。「三国一(=世界一)」という語は、この考えから出ている。
名詞日本・震旦(しんたん)(=中国)・天竺(てんじく)(=インド)の三か国。参考昔の人は、この三国をもって「全世界」と考えた。「三国一(=世界一)」という語は、この考えから出ている。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2022 GRAS Group, Inc.RSS