古語:

全しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

また・し 【全し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


完全だ。欠けたところがない。


出典枕草子 女のひとりすむ所は


「いたくあばれて、築地(ついひぢ)などもまたからず」


[訳] ひどく荒れて、土塀なども完全ではなく。


無事である。安全だ。


出典万葉集 二八九一


「あらたまの(=枕詞(まくらことば))年の緒(を)長くかく恋ひばまことわが命またからめやも」


[訳] 長い年月これほど(激しく)恋していたら、ほんとうに私の命は無事であろうか、いや、無事ではいられない。◆後に「まったし」とも。



まった・し 【全し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


完全だ。


出典平家物語 九・河原合戦


「一陣破れぬれば、残党まったからず」


[訳] (敵は)第一線が敗れているのであるから、残りの軍勢は、完全ではない。


安全だ。無事だ。


出典親任 謡曲


「汝(なんぢ)は命をまったう持ちて」


[訳] お前は命を無事に持って。◆形容詞「またし」の促音便。









全しのページへのリンク
「全し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

全しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




全しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS