古語:

三界の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さん-がい 【三界】

名詞

いっさいの衆生(しゆじよう)が、生まれ変わり死に変わって流転する、三つの迷いの世界。欲界・色界(しきかい)・無色界(むしきかい)。◇仏教語。


全世界。現世。


出典平家物語 三・大臣流罪


「さんがい広しといへども、五尺の身おき所なし」


[訳] 全世界は広いといっても、五尺の(自分の)身の置きどころはない。


過去・現在・未来の三世(さんぜ)の総称。



-さんがい 【三界】

接尾語

〔多く地名に付いて〕くんだり。遠く離れた場所である意を表す。「江戸さんがい」「奥州さんがい」









三界のページへのリンク
「三界」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

三界のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




三界のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS