古語:

北村季吟の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「北村季吟」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~4/4件中)

分類文芸江戸時代初期の俳諧(はいかい)の流派。漢語や俗語を自由に用い、古典・漢籍や故事・ことわざのもじり・洒落(しやれ)を積極的に取り入れた。教養主義的で、言語の遊戯を喜ぶ俳風を特色とする。松永貞徳(...
分類文芸江戸時代初期の俳諧(はいかい)の流派。漢語や俗語を自由に用い、古典・漢籍や故事・ことわざのもじり・洒落(しやれ)を積極的に取り入れた。教養主義的で、言語の遊戯を喜ぶ俳風を特色とする。松永貞徳(...
分類人名(一六四四~一六九四)江戸時代前期の俳人。伊賀国(いがのくに)(=三重県)上野の人。名は宗房(むねふさ)。別号、桃青(とうせい)。初め藤堂家に仕えたが、のち京都に出て北村季吟(きぎん)に俳諧(...
分類人名(一六四四~一六九四)江戸時代前期の俳人。伊賀国(いがのくに)(=三重県)上野の人。名は宗房(むねふさ)。別号、桃青(とうせい)。初め藤堂家に仕えたが、のち京都に出て北村季吟(きぎん)に俳諧(...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2023 GRAS Group, Inc.RSS