古語:

松尾芭蕉の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

松尾芭蕉

分類人名


(一六四四~一六九四)江戸時代前期の俳人。伊賀国(いがのくに)(=三重県)上野の人。名は宗房(むねふさ)。別号、桃青(とうせい)。初め藤堂家に仕えたが、のち京都に出て北村季吟(きぎん)に俳諧(はいかい)を学んだ。やがて江戸に出て談林派の俳諧で名をあげたが、三十七歳で芭蕉庵(ばしようあん)をかまえ、芸術的な蕉風(しようふう)俳諧を樹立した。句は『猿蓑(さるみの)』など「芭蕉七部集」におさめられる。各地を旅し、五大紀行文『野ざらし紀行』『鹿島紀行』『笈(おい)の小文』『更科(さらしな)紀行』『奥の細道』を書いた。









松尾芭蕉のページへのリンク
「松尾芭蕉」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

松尾芭蕉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




松尾芭蕉のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS