古語:

未曾有の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「未曾有」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~3/3件中)

名詞今までに一度もないこと。前代未聞。出典徒然草 一〇六「優婆夷(うばい)などの身にて、…みぞうの悪行(あくぎやう)なり」[訳] 優婆夷などの身分で、…前代未聞の悪い行いである。参考漢文「未曾有」の音...
名詞今までに一度もないこと。前代未聞。出典徒然草 一〇六「優婆夷(うばい)などの身にて、…みぞうの悪行(あくぎやう)なり」[訳] 優婆夷などの身分で、…前代未聞の悪い行いである。参考漢文「未曾有」の音...
副助詞《接続》体言、活用語の連用形・連体形、助詞、引用句などに付く。①〔例示〕たとえば…など。…など。▽多くの事物の中から、一、二の例を挙げてほかにも類似のものがあることを示す。出典枕草子...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS