古語:

物真似の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「物真似」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~4/4件中)

分類文芸奈良時代末期から鎌倉・室町時代にかけて行われた芸能の一つ。滑稽(こつけい)な物真似(ものまね)・掛け合いなどを主とする庶民的なもので、宮廷の宴席や神社の祭りなどで余興として演じられた。のち、し...
分類文芸奈良時代末期から鎌倉・室町時代にかけて行われた芸能の一つ。滑稽(こつけい)な物真似(ものまね)・掛け合いなどを主とする庶民的なもので、宮廷の宴席や神社の祭りなどで余興として演じられた。のち、し...
名詞①人や動物の声やしぐさをまねること。②能・狂言などで、登場人物をいかにもそれらしく演じること。その役になりきること。世阿弥(ぜあみ)は、その能楽論で特に「物真似」を重視した...
名詞①人や動物の声やしぐさをまねること。②能・狂言などで、登場人物をいかにもそれらしく演じること。その役になりきること。世阿弥(ぜあみ)は、その能楽論で特に「物真似」を重視した...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2021 Weblio RSS