古語:

謀反の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「謀反」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/19件中)

名詞大宝令(たいほうりよう)の律の規定で、最も重いとされた八種の罪。謀反(ぼうへん)・謀大逆・謀叛(むほん)・悪逆・不道・大不敬・不孝(ふきよう)・不義。
名詞大宝令(たいほうりよう)の律の規定で、最も重いとされた八種の罪。謀反(ぼうへん)・謀大逆・謀叛(むほん)・悪逆・不道・大不敬・不孝(ふきよう)・不義。
名詞大宝令(たいほうりよう)の律の規定で、最も重いとされた八種の罪。謀反(ぼうへん)・謀大逆・謀叛(むほん)・悪逆・不道・大不敬・不孝(ふきよう)・不義。
分類人名(六六三~六八六)大和時代の歌人。天武天皇の皇子。文武にすぐれ、『懐風藻(かいふうそう)』に漢詩四首、『万葉集』に短歌四首がある。天武天皇の死後、謀反の罪で大和の国で自殺させられた。
分類人名(六六三~六八六)大和時代の歌人。天武天皇の皇子。文武にすぐれ、『懐風藻(かいふうそう)』に漢詩四首、『万葉集』に短歌四首がある。天武天皇の死後、謀反の罪で大和の国で自殺させられた。
他動詞サ行変格活用活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}罪あるものを殺す。死刑にする。出典太平記 二「この宿にてちゅうせられし時」[訳] (光親卿(きよう)が謀反の罪で)この宿で殺されたとき。
他動詞サ行変格活用活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}罪あるものを殺す。死刑にする。出典太平記 二「この宿にてちゅうせられし時」[訳] (光親卿(きよう)が謀反の罪で)この宿で殺されたとき。
名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる国家・政府に反対して、存立をおびやかすこと。また、主君に背いて兵を挙げること。参考「律」の規定では「謀反」と「謀叛」とは区別されていたが、平安時代末期以...
名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる国家・政府に反対して、存立をおびやかすこと。また、主君に背いて兵を挙げること。参考「律」の規定では「謀反」と「謀叛」とは区別されていたが、平安時代末期以...
名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる国家・政府に反対して、存立をおびやかすこと。また、主君に背いて兵を挙げること。参考「律」の規定では「謀反」と「謀叛」とは区別されていたが、平安時代末期以...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2023 GRAS Group, Inc.RSS