古語:

十念の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じふ-ねん 【十念】

名詞

仏縁を結ぶため、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の名号を十回唱えること。十念称名(しようみよう)。


出典平家物語 九・忠度最期


「『しばし退(の)け、じふねん唱へん』とて」


[訳] 「しばらくむこうへ行け、南無阿弥陀仏の名号を十回唱えよう」といって。


浄土宗で、僧が信者に対しを行い、仏縁を結ばせること。◆仏教語。








十念のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

十念のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




十念のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS