古語:

好き好きしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 好き好きしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すきずき-・し 【好き好きし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


好色だ。いかにも浮気っぽい。


出典源氏物語 若紫


「すきずきしき方(かた)にはあらで、まめやかに聞こゆるなり」


[訳] (姫君のことは)好色な気持ちからではなく、まじめに申し上げるのである。


いかにも物好きだ。


出典源氏物語 絵合


「かう、すきずきしきやうなる、後(のち)の聞こえやあらむ」


[訳] このように、いかにも物好きのようであるのは、後の評判になるだろうか。


風流だ。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「すきずきしうあはれなることなり」


[訳] 風流でしみじみと心打たれることである。◇「すきずきしう」はウ音便。









好き好きしのページへのリンク
「好き好きし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

好き好きしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




好き好きしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS