古語:

御門の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-かど 【御門】

名詞

ご門。皇居のご門。▽「門」の尊敬語。


出典万葉集 一八六


「一日(ひとひ)には千(ち)たび参りし東(ひむがし)の大きみかどを入いりかてぬかも」


[訳] 一日に千回も参上した東の大きなご門を入りかねるよ。


皇居。朝廷。宮殿。


出典万葉集 二五〇八


「皇祖(すめろき)の神のみかどをかしこみと」


[訳] 天皇の御殿を恐れ多いとして。


天皇。▽天皇の尊敬語。


出典伊勢物語 一六


「三代(みよ)のみかどに仕うまつりて」


[訳] 三代の天皇にお仕え申し上げて。◇「帝」とも書く。


国家。天皇が治める国。


出典伊勢物語 八一


「わがみかど六十余国の中に、塩竈(しほがま)といふ所に似たるところなかりけり」


[訳] 我々の国家六十余りの国の中に、塩竈という所に似ている所はなかった。◆「み」は接頭語。









御門のページへのリンク
「御門」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御門のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御門のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS