古語:

柄の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

から 【柄・故】

名詞

ゆえ。ため。▽原因・理由を表す。


出典万葉集 三七九九


「己(おの)が身のから人の子の言(こと)も尽くさじ」


[訳] 自身のために、人なみにあれこれ言いはしますまい。◆上代語。



-から 【柄】

接尾語

名詞に付いて、そのものの本来持っている性質の意を表す。「国から」「山から」


参考

後に「がら」とも。現在でも「家柄」「続柄(つづきがら)」「身柄」「時節柄」「場所柄」などと用いる。



つか 【柄】

名詞

弓や刀剣などの握りの部分。


筆の軸。









柄のページへのリンク
「柄」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

柄のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




柄のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS