古語:

白栲のの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しろたへ-の 【白栲の・白妙の】

分類枕詞


白栲(しろたえ)で衣服を作ることから、衣服に関する語「衣(ころも)」「袖(そで)」「袂(たもと)」「帯」「紐(ひも)」「たすき」などにかかる。


出典万葉集 六四五


「しろたへの袖別るべき日を近み」


[訳] (お互いに)別れるはずの日が近くなったので。


白栲は白いことから、「月」「雲」「雪」「波」など、白いものを表す語にかかる。


出典土佐日記 一二・二六


「しろたへの波路を遠く」


[訳] 白い波の立つ海路をはるばる。








白栲ののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

白栲ののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




白栲ののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS