古語:

白泡嚙ますの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 白泡嚙ますの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しらあわ-かま・す 【白泡嚙ます】

分類連語


馬の口から白い泡を吹かせる。▽馬が勇み立つようすを言う。


出典平家物語 九・生ずきの沙汰


「しらあわかませ、舎人(とねり)あまたついたりけれども、なほ引きもためず」


[訳] (馬は)口から白い泡を吹かせ、馬の口取りの男が大勢ついていたのに、それでもやはり引きとどめることもできず。








白泡嚙ますのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

白泡嚙ますのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




白泡嚙ますのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS