古語:

白白しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しら-じら・し 【白白し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


いかにも白い。白々としている。


出典和漢朗詠集 白


「しらじらし白(しら)けたる年(とし)月影に雪かきわけて梅の花折る」


[訳] いかにも白い白髪の年齢の人が月の光に雪をかきわけて梅の花を折る。


味気ない。興ざめだ。


出典枕草子 をのこは


「いみじう美々(びび)しうてをかしき君たちも、随身(ずいじん)なきはいとしらじらし」


[訳] たいそうはなやかで美しく立派な貴公子たちも、護衛の者がついていないのは、たいそう興ざめだ。


そらぞらしい。しらじらしい。


出典曾根崎心中 浄瑠・近松


「はったと睨(にら)む顔つきは、けによもなげにしらじらし」


[訳] きっとにらむ顔付きは、取りつくしまもないようすでそらぞらしい。◆古くは「しらしらし」。








白白しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

白白しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




白白しのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS