古語:

白真弓の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しら-まゆみ 【白真弓・白檀弓】

名詞

まゆみの木で作った、白木のままの弓。


出典万葉集 一八〇九


「しらまゆみ靫(ゆき)取り負ひて」


[訳] まゆみの木で作った白木のままの弓を入れた靫を背負って。



しら-まゆみ 【白真弓・白檀弓】

分類枕詞


弓を張る・引く・射ることから、同音の「はる」「ひく」「いる」などにかかる。


出典万葉集 一九二三


「しらまゆみいま春山(はるやま)に行く雲の」


[訳] 今、春山に流れて行く雲のように。








白真弓のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

白真弓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




白真弓のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS