古語:

砌の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-ぎり 【砌】

名詞

雨滴を受けるために、軒下などに石などを敷いた所。また、転じて、庭。


出典徒然草 六六


「大(おほ)みぎりの石を伝ひて、雪に跡をつけず」


[訳] 敷石の石を伝って、雪に跡をつけないで。


場所。所。


出典今昔物語集 一一・三〇


「山の頂より下りて、…ふもとのみぎりに至りぬ」


[訳] 山頂から下って、…ふもとの所に着いた。


時。折。場合。


出典平家物語 一〇・高野御幸


「釈尊説法のみぎりに」


[訳] 釈迦(しやか)の説法の折に。


参考

「水(み)限(きり)(=「限(きり)」は限(かぎ)る意)」↓「水(み)切(ぎ)り」からの語。









砌のページへのリンク
「砌」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

砌のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




砌のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS