古語:

破るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やぶ・る 【破る】

[一]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


うち砕く。こわす。裂く。


出典宇治拾遺 二・六


「隔ての垣をやぶりて、それより出(い)だし奉らん」


[訳] 仕切りの垣根をこわして、そこから(死体を)お出し申し上げよう。


傷つける。損なう。害する。


出典徒然草 一二九


「身をやぶるよりも、心をいたましむるは、人をそこなふことなほ甚だし」


[訳] 一つの事を必ずなしとげようと思うならば、ほかの事がだめになることを嘆いてはならない。


突破する。負かす。うち破る。


出典平家物語 九・木曾最期


「そこをやぶって行くほどに、土肥次郎実平(とひのじらうさねひら)二千余騎でささへたり」


[訳] そこを突破して行くと、(次には)土肥次郎実平が二千余騎で防ぎとめている。◇「やぶっ」は促音便。


無視する。犯す。破る。乱す。


出典徒然草 一七五


「万(よろづ)の戒をやぶりて、地獄に堕(お)つべし」


[訳] (酒を飲むと)多くの(仏道の)いましめを犯して、地獄にきっと落ちるにちがいない。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


こわれる。砕ける。破れる。


出典徒然草 一八四


「物はやぶれたる所ばかりを修理(しゆり)して用ゐることぞ」


[訳] 物はこわれている所だけをなおして使用するものだ。


傷つく。損なわれる。


出典十訓抄 一


「隋侯(ずいこう)やぶれたる蛇を見て」


[訳] 隋の王さまは傷ついている蛇を見て。


成り立たなくなる。だめになる。


出典徒然草 一八八


「一事を必ずなさんと思はば、他の事のやぶるるをもいたむべからず」


[訳] 一つの事を必ずなしとげようと思うならば、ほかの事がだめになることを嘆いてはならない。


負ける。敗北する。敗れる。


出典増鏡 新島守


「御方(みかた)の軍(いくさ)やぶれぬ」


[訳] 天皇方の軍は敗北した。


注意

現代語「やぶる」に相当する古語は「破(や)る」。現代語の「ひきちぎる」意ではほとんど使わない。



や・る 【破る】

[一]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


破(やぶ)れる。裂ける。こわれる。


出典日本書紀 武烈


「なゐがより来(こ)ばやれむ柴垣(しばかき)」


[訳] 地震がゆれ動いて来たらこわれるであろう柴垣。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


破(やぶ)る。引きちぎる。うちこわす。


出典土佐日記 二・一六


「とまれかうまれ、とくやりてむ」


[訳] とにかく、早く破ってしまおう。



わ・る 【割る・破る】

[一]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


割れる。裂ける。砕ける。壊れる。


出典枕草子 月のいとあかきに


「水晶(すいさう)などのわれたるやうに」


[訳] 水晶などが砕けたように。


分かれる。離れ離れになる。


出典詞花集 恋上


「瀬を早み岩にせかるる滝川(たきがは)のわれても末に逢(あ)はむとぞ思ふ」


[訳] ⇒せをはやみ…。


思い乱れる。


出典万葉集 二八九四


「わが胸はわれてくだけて利心(とごころ)もなし」


[訳] 私の心は思い乱れて悩んで、しっかりした心もない。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


割る。裂く。砕く。壊す。


出典万葉集 四一九


「石戸(いはと)わる手力(たぢから)もがも」


[訳] 岩の戸を割る腕力があったらいいなあ。


分ける。分配する。


出典宇津保物語 藤原の君


「女房の曹司(ざうし)には、廊のめぐりにしたるをなむ、わりつつ賜(たま)へりける」


[訳] 女房の部屋には、渡り廊下のまわりに造ったのを、分配してお与えになった。


押し分ける。かき分ける。


出典平治物語 中


「『寄りあへや、組まん』とて、真中(まんなか)にわって入り」


[訳] 「近寄れ、組み討ちしよう」と言って、(悪源太は)真ん中に押し分けて入って。









破るのページへのリンク
「破る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

破るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




破るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS