古語:

かいの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かい 【交い・貝・効・甲斐・峡・匙】

⇒かひ



かい 【戒】

名詞

仏教の信者が守るべき、日常の生活規範。僧俗の別などで、戒の区別がある。◆仏教語。



かい- 【搔い】

接頭語

動詞に付いて、語調を整えたり、語意を強めたりする。「かい消つ」「かいつくろふ」「かいやる」。◆「かき」のイ音便。









かいのページへのリンク
「かい」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




かいのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS