古語:

すくすくしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > すくすくしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すくすく-・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


優美さがない。地味である。


出典源氏物語 胡蝶


「白き紙の、うはべはおいらかにすくすくしきに」


[訳] 白い紙で、表面はあっさりと地味なのに。


きまじめだ。実直だ。融通がきかない。


出典源氏物語 初音


「中将などをば、すくすくしきおほやけ人にしなしてむ」


[訳] 中将などを、実直な官吏にしてしまおう。


無愛想である。そっけない。


出典源氏物語 若菜上


「えすくすくしくも、かへさひ申さでなむ」


[訳] とても無愛想には、ご辞退申し上げることもできませんで。◆「すくずくし」「すぐすぐし」とも。








すくすくしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すくすくしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




すくすくしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS