古語:

すずむしのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > すずむしのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すずむしの…

分類和歌


「鈴虫の声の限りを尽くしても長き夜あかずふる涙かな」


出典源氏物語 桐壺


[訳] 鈴虫のように声の限りをつくして泣いても、秋の夜長にいつはてるとも知れず、しきりにこぼれる涙であることよ。


鑑賞

帝(みかど)の使いで、亡き桐壺更衣(きりつぼのこうい)の母を見舞った「靫負(ゆげひ)の命婦(みやうぶ)」が帰るときに詠んだ歌。悲しみに沈む草深い住まいの風情に、あわれを感じている。「ふる」は「涙が降る」に「鈴を振る」をかけ、「鈴」の縁語としている。









すずむしののページへのリンク
「すずむしの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すずむしののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




すずむしののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS