古語:

そらさむみの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > そらさむみの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そらさむみ…

分類和歌


「空寒み花にまがへて散る雪にすこし春ある心地こそすれ」


出典枕草子 二月つごもり頃に


[訳] 空が寒いので、まるで花に見間違えるように散って降る雪のために、少し春の気配が感じられるよ。


鑑賞

荒れ模様の二月末、雪が少し降っているときに、当時の歌壇の第一人者藤原公任(ふじわらのきんとう)から、清少納言のもとに「すこし春あるここちこそすれ」の下の句が送られてきた。それに上の句をつけて一首にした連歌。「すこし春ある」は、白居易(はくきよい)の詩句を踏まえたもの。清少納言のつけた上の句も、公任の引用した句の前にある言葉を踏まえている。遊びとはいえ当意即妙性と文学的教養を問われる場面で、清少納言は緊張するが、結果は大いに好評を博した。「空寒み」は形容詞の「寒し」の語幹に接尾語「み」が付いた形で、「空が寒いので」と訳す。「こそ」は強意の係助詞で、結びの「すれ」はサ変動詞「す」の已然(いぜん)形。








そらさむみのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そらさむみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




そらさむみのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS