古語:

そりすてての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > そりすてての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そりすてて…

分類俳句


「剃り捨てて黒髪山(くろかみやま)に衣更(ころもが)へ」


出典奥の細道 日光・曾良(そら)


[訳] 黒髪を剃り捨てて、墨染めの法衣(ほうえ)を着た僧として今度の旅に出たが、この黒髪山に衣更えの日の今日来てみると、剃髪(ていはつ)して僧衣に着替えたころのことが思い出され感慨深い。


鑑賞

日光の黒髪山(=男体山(なんたいざん))を衣更えの日に見て、旅立ちの日のことを思い出し、旅を続けていく決意を新たにした句。「衣更へ」には、季節の衣更えと、着替え(=出家遁世(とんせい))の意をこめる。季語は「衣更へ」で、季は夏。








そりすててのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そりすててのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




そりすててのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS