古語:

そんぢゃうの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > そんぢゃうの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そん-ぢゃう

連体詞

だれそれの。なになにの。どこそこの。いついつの。▽「その」「そこ」「それ」あるいは「たれ」「いつ」などの上に用い、わざと具体的な名を出さずに、人・事物・場所・時などをさす語。


出典平家物語 二・康頼祝言


「これはそんぢゃうその王子、かの王子なんど」


[訳] これはなになにの王子社、これこれの王子社など。


参考

「そ(其)のぢゃう(定)」の変化した語。後に「そんじょう」「そんでう」「そんぜう」などの形の表記も現れた。また、「そんぢょ」と短縮語形も現れ、現代語でも「そんじょそこらの人間とは違う」のように用いる。








そんぢゃうのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そんぢゃうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




そんぢゃうのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS