古語:

とるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

と・る 【取る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


握り持つ。手に取る。得る。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「中将に天人とりて伝ふ」


[訳] (かぐや姫の手から)天人は(壺(つぼ)を)取って中将に手渡す。


捕らえる。つかまえる。


出典徒然草 一〇


「烏(からす)の群れゐて、池の蛙(かへる)をとりければ」


[訳] 烏が群がっていて、池の蛙をつかまえたので。◇「捕る」とも書く。


採取する。収穫する。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「野山にまじりて竹をとりつつ、よろづのことに使ひけり」


[訳] 野山に分け入って、竹を採取しては、いろいろなことに使っていた。◇「採る」とも書く。


取り上げる。没収する。奪う。討ち平らげる。


出典徒然草 八九


「猫の経(へ)上がりて、猫またになりて、人とることはあなるものを」


[訳] 猫が年を経て化けて、猫またになって、人の命を奪うことがあるということだのに。


選び定める。選び用いる。


出典十訓抄 三


「京に歌合(うたあはせ)ありけるに、小式部内侍(こしきぶのないし)、歌詠みにとられて」


[訳] 都で歌合わせがあったときに、小式部内侍が歌人として選ばれて。


あやつる。(拍子を)とる。


出典源氏物語 梅枝


「拍子とりて『梅が枝(え)』を出(い)だしたるほど」


[訳] 笏(しやく)で拍子をとって、催馬楽(さいばら)の「梅が枝」を謡い出したようすが。


取り去る。取り除く。


出典今昔物語集 一・一三


「剣(つるぎ)をもっては頭(かしら)をとり」


[訳] 剣を取って頭を切り取り。


〔「…にとりて」「…にとって」の形で〕…に関連して。…に関して。


出典方丈記 


「ただわが身一つにとりて」


[訳] ただ私一人の身の上に関して。



と・る 【照る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


照(て)る。


出典万葉集 三五六一


「日がとれば雨を待(ま)とのす君をと待とも」


[訳] 太陽が照ると雨を待つように、(私は)あなたを待つことだ。◆「てる」の上代の東国方言。









とるのページへのリンク
「とる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




とるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS