古語:

一円の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いち-ゑん 【一円】

[一]名詞

ある区域内の全体。全域。▽所領する土地に関していう。


[二]副詞

〔多く「いちゑんに」の形で〕全体にわたって。すっかり。残らず。


出典太平記 三九


「いちゑんに家中の料所(れうしよ)にぞなしたりける」


[訳] (河口の庄(しよう)を)全体にわたって家臣の兵糧米をまかなう土地としたのだ。


〔下に打消の語を伴って〕少しも。全然。


出典きのふは 咄本


「このごろいちゑん暇なきゆゑ」


[訳] このごろは全然暇がないので。








一円のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一円のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




一円のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS