古語:

一分の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いち-ぶ 【一分・一歩】

名詞

尺度の単位で、一寸の十分の一(=約三・〇三ミリメートル)。


江戸時代の貨幣の単位。一両の四分の一。


「一分金(いちぶきん)」「一分銀(いちぶぎん)」の略。



いち-ぶん 【一分】

名詞

幾つかに分けたものの一つ。転じて、ごくわずか。


自分の身。自身。一身。また、その面目。責任。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「いちぶんをさばきかねつるは」


[訳] 責任を果たすことができない者は。


同様。同然の身。▽名詞に直接付く。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「我とは兄弟いちぶんに」


[訳] 私とは兄弟同様に。









一分のページへのリンク
「一分」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一分のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




一分のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS