古語:

一入の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひと-しほ 【一入】

[一]名詞

染め物を、一回染め汁に浸すこと。


[二]副詞

一段と。いっそう。


出典古今集 春上


「常磐(ときは)なる松の緑も春来れば今ひとしほの色まさりけり」


[訳] いつも変わることのない松の緑も春が来るとさらにいっそう色がまさることだなあ。








一入のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一入のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




一入のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS