古語:

一際の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひと-きは 【一際】

[一]名詞

身分・地位などの一段階。


出典源氏物語 薄雲


「いまひときは上がりなむに」


[訳] もう一段階(内大臣に)昇進したなら。


一時。ひとたび。


出典大鏡 道長上


「ひときははいと高く鳴れど」


[訳] (雷は)一時はたいそう大きく鳴るが。


[二]副詞

一段と。さらにいっそう。


出典徒然草 一九一


「匂(にほ)ひも、ものの音(ね)も、ただ夜ぞひときはめでたき」


[訳] 香も楽器の音色も、ただもう夜(のほうが)一段とすばらしい。


〔多く「に」を伴って〕一筋に。いちずに。


出典源氏物語 若菜下


「ひときはに思ひ定めて」


[訳] いちずに思い込んで。








一際のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一際のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




一際のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS