古語:

丁の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

チョウ 【丁・打・庁・町・長・挺・帳・張・聴】

⇒ちゃう



ちゃう 【丁】

[一]名詞

偶数。特に、賽(さい)の目にいう。


[二]副詞

〔漢数字の上に付けて〕ちょうど。


出典鑓権三 浄瑠・近松


「わしは戌(いぬ)でちゃう六十」


[訳] わたしは戌どしでちょうど六十。



ひ-の-と 【丁】

名詞

「十干(じつかん)」の第四。



よほろ 【丁】

名詞

上代、広く公用の夫役(ぶやく)(=労力を徴用する課役)の対象となった、二十一歳から六十歳までの男子。律令制での「丁(ちよう)・(てい)」も「よほろ」ということがある。◆本来は「膕」の意で、脚力を要したことからいう。後に「よぼろ」とも。



-ちゃう 【町・丁】

接尾語

土地の面積の単位を表す。一町は十段(たん)で約一ヘクタール。


距離の単位を表す。一町は六十間(けん)で約一一〇メートル。



ちゃう 【町・丁】

名詞

市街地。まち。主に商工業者が居住する地域。









丁のページへのリンク
「丁」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

丁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




丁のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS