古語:

万葉調の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

万葉調

分類文芸


『万葉集』の歌の、特徴的な表現傾向のこと。「古今調」「新古今調」と並ぶ、和歌の三大傾向の一つ。感動を率直・素朴に表現し、壮大で力強い格調を持つ。五七調で、二句切れ・四句切れの歌が多く、枕詞(まくらことば)・序詞(じよことば)・対句(ついく)・反復などの修辞を多く用いている。のち、鎌倉時代の源実朝(みなもとのさねとも)や、江戸時代の賀茂真淵(かものまぶち)・良寛(りようかん)らに引き継がれた。男性的な歌風であるところから、「ますらを振り」といわれる。









万葉調のページへのリンク
「万葉調」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

万葉調のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




万葉調のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS