古語:

人頼めなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 人頼めなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひと-だのめ・なり 【人頼めなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


人に頼もしく思わせる。▽和歌などでは、実際は期待に反して頼りにならないことにいう。


出典古今集 離別


「かつ越えて別れも行くか逢坂(あふさか)はひとだのめなる名にこそありけれ」


[訳] (あなたは引きとめられているのに)一方で(この山を)越えて別れて行くのか、逢坂(という名)は(「逢う」と)頼もしく思わせるけれども、(期待に反してあてにならない)名前であったのだなあ。








人頼めなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

人頼めなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




人頼めなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS