古語:

何処の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いづ-こ 【何処】

代名詞

どこ。どちら。▽場所についていう不定称の指示代名詞。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「上の女房の、御方々いづこもおぼつかなからず参り通ふ」


[訳] 帝(みかど)付きの女房で、お妃がたのどこへでも気がかりでなく参上して出入りする(人はうらやましい)。



いずこ 【何処】

⇒いづこ



いどこ 【何処・何所】

代名詞

どこ。▽場所についていう不定称の指示代名詞。


出典土佐日記 一・二九


「ここやいどこ」


[訳] ここはどこか。◆「いづく」の変化した語。



いづ-へ 【何処・何方】

代名詞

どのあたり。どちら。▽場所についていう不定称の指示代名詞。


出典万葉集 四一九五


「霍公鳥(ほととぎす)いづへの山を鳴きか越ゆらむ」


[訳] ほととぎすは、どのあたりの山を鳴いて越えているだろうか。



いづ-く 【何処】

代名詞

どこ。▽場所についていう不定称の指示代名詞。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「いづくより来つる猫ぞと見るに」


[訳] どこからやってきた猫かと見ているうちに。◆「く」は場所を表す接尾語。⇒いづこ・いづち


語の歴史

中古に「いづこ」となるが、「いづく」も用いられた。



いずく 【何処】

⇒いづく



いずち 【何方・何処】

⇒いづち



いづ-ち 【何方・何処】

代名詞

どこ。どの方向。▽方向・場所についていう不定称の指示代名詞。


出典平家物語 九・木曾最期


「おのれはとうとう、女なれば、いづちへも行け」


[訳] おまえは早く早く、女なので、どこへでも(逃げて)行け。◆「ち」は方向・場所を表す接尾語。⇒いづかた・いづこ・いづら・いづれ








何処のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何処のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何処のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS