古語:

凝るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こ・る 【凝る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


寄り集まって固まる。密集する。


出典日本書紀 神代上


「その矛(ほこ)の鋒(さき)よりしただる潮、こりて一つの島になれり」


[訳] その矛のさきからしたたる潮が固まって一つの島になった。


出典長塚節歌集 長塚節


「芋の葉にこぼるる玉のこぼれこぼれ子芋は白くこりつつあらむ」


[訳] 大きな里芋の葉の上に、白銀の玉のようにころころところがっていた朝露が黒土の上にこぼれ落ちている。土の中では白く固まって子芋ができつつあるだろう。


凍る。


出典万葉集 七九


「磐床(いはとこ)と川の水こり」


[訳] 平らな岩のように厚く川の水が凍って。









凝るのページへのリンク
「凝る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

凝るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




凝るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS