古語:

凍むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し・む 【凍む】

自動詞マ行上二段活用

活用{み/み/む/むる/むれ/みよ}


凍りつく。恐怖などでぞっとする。


出典源氏物語 若菜下


「朝夕涼みもなきころなれど身もしむる心地して、言はむ方なく覚ゆ」


[訳] 朝夕の涼しさもない(=暑い)ころであるが、身も凍りつく気がして、言いようもなく思われる。


参考

「こほる」が表面的であるのに対して、「しむ」は奥まで深くこおってゆく語感をもつ。








凍むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

凍むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




凍むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS